働き方改革の羅針盤として(集団ベンチマーク分析)

57項目データを集約して比較分析します

グループ全体の
水準値を明らかにします。

グループ各社のストレス度合を分析します。さらにグループ各社のポジショニングからベンチマーク(水準点)と照らし合わせグループ全体の目指すべき方向を定めることができます。

グループ各社の
ストレス構造を把握します。

ストレスの増強要因、緩和要因を分析の主軸に置き、グループ各社が抱えているストレス構造を明らかにします。その中から、指針となるモデル会社を抽出しグループ全体が目指す働き方を数値化します。

属性別にストレス度合いを見える化。 ご担当者さまが社内報告しやすい
サマリーレポートを作成します。

①回答状況とストレス状況
   (高ストレス者比率)
②業務によるストレス増強要因
③職場でのストレス緩和要因
④高リスク者の分布状況

◎企業統治に損失をもたらすリスクを回避!

過労死や過労自殺に伴う高リスク者の低減。
ハラスメントなどストレスが原因によるリスクの低減。
従業員にやさしい健康経営を推進するグルーブ企業のイメージ構築。

◎生産性の向上が期待できます!

「個」の問題ではなく「組織」の課題として対策することで生産性は大幅に向上します。
プライベートを充実させ、新たな気づきが仕事へのモチベーションを向上させます。
優秀な人材の確保、定着につながる好循環を生みます。

報告会の開催
株式会社セットアップ ストレスチェック事業部
お問い合わせ

開発協力

株式会社 医療産業研究所

〒151-0061東京都渋谷区初台1-49-1

2003年に筑波大学 松崎一葉教授とストレスチェック
システムを一般企業向けに応用開発。
多くの企業に導入され、13年におよぶ豊富な実績があります。